窪田正孝

アニメ

【えんとつ町のプペル】の映画レビュー

西野亮廣が脚本したと話題の『えんとつ町のプペル』の映画レビューをお届け。舞台は厚い煙に覆われた"えんとつ町"。ハロウィンの夜、ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、二人は友達となり、ルビッチとプペルは「星を見つける」旅に出る。二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?
タイトルとURLをコピーしました