マイケル・シーン

ドラマ

【ミッドナイト・イン・パリ】映画レビュー

ミッドナイト・イン・パリ(ウディ・アレン監督)の映画レビューをお届け。ハリウッドで売れっ子脚本家のギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共にパリに滞在していた。ある晩、ギルは迷子になってしまう。するとギルの前に1台の車が止まった。その車に乗り込んだギルは、1920年代の芸術家達が集うパリにタイムスリップしてしまって...?
タイトルとURLをコピーしました