ティム・ロビンス

ドラマ

【ショーシャンクの空に】映画レビュー

ショーシャンクの空に(フランク・ダラボン監督)の映画レビューをお届け。1947年に冤罪で投獄されてしまったエリート銀行員アンディ(ティム・ロビンス)が妻と愛人を射殺した事件の裁判からはじまり、獄中生活の数十年間を描いている。
タイトルとURLをコピーしました