ジュリア・ロバーツ

ドラマ

【Wonder ワンダー 君は太陽】の映画レビュー

Wonder ワンダー 君は太陽(スティーヴン・チョボスキー監督)の映画レビューをお届け。トリーチャーコリンズ症候群の少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、ずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきた。しかし、小学校5年生で学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというの思いとは裏腹に、避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていって...?!
タイトルとURLをコピーしました