エリック・トレダノ

ドラマ

【最強のふたり】映画レビュー

最強のふたり(エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督)の映画レビューをお届け。大富豪の障害者フィリップ(フランソワ・クリュゼ)が雇った世話役、スラム街出身のアフリカ系青年ドリス(オマール・シー)が介護する側、される側という関係を通して、男同士の友情を築いていく心温まるストーリー。
タイトルとURLをコピーしました