【her/世界でひとつの彼女】映画レビュー

her/世界でひとつの彼女の画像 レビュー

映画【her/世界でひとつの彼女】の評価と詳細

評価

4.0

評価基準はこちら

詳細

ジャンル恋愛
上映日2014年06月28日
製作国アメリカ
上映時間120分
監督スパイク・ジョーンズ
脚本スパイク・ジョーンズ
出演者ホアキン・フェニックス、スカーレット・ヨハンソン、エイミー・アダムス

映画『her/世界でひとつの彼女』のあらすじ ※ネタバレなし

舞台は未来のロサンゼルス。

主人公のセオドア(ホアキン・フェニックス)は、他人の代わりに手紙を書く”代筆ライター”。

長年一緒に暮らした妻キャサリン(ルーニー・マーラ)に別れを告げられ、別居中である。

なかなか妻のことを忘れられいない彼だが、人工知能型OSの”サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン)に出会い人生が一変する。

やがて2人は恋に落ちるが…

参照:https://filmarks.com/

映画『her/世界でひとつの彼女』の感想・レビュー

映画『her/世界でひとつの彼女』内のシーン

この映画は2013年に作られたが、コロナで家族ともあんまり会えない今日に鑑賞したからこそ、より考えさせられる映画だった気がする。

この作品で出てきたAIのサマンサは、知的だけど、ユーモアがあって、繊細で…

こんなAIがでてくるのは遠い未来ではないだろうし、恋をしちゃう気持ちもよくわかった。

※AI役を演じたスカーレット・ヨハンソンの声を是非味わってほしいので、吹き替えではなく字幕で観るのがおすすめだ。

主人公の友達のエイミーのセリフ、「恋に落ちた人は誰だってイカれてるわ。恋ってクレイジーなものよ。社会で許容された狂気ね。」にはハッとさせられる。

withコロナ時代を経て、恋愛の形はより本質的なものになっていくのではないだろうか…

恋愛とは、夫婦とは、孤独とはなんなのか?このタイミングでぜひ観てほしい映画の1つである。

余談だが、元夫婦役を演じたホアキン・フェニックスとルーニー・マーラがこの後結婚して子供を産んでいるのがなんともロマンチック♡

この作品でセオドアの親友役を演じた、エイミー・アダムスが出演する映画『メッセージ』のレビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました