【ミナリ】映画レビュー

「ミナリ」アイキャッチ ドラマ

映画【ミナリ】の評価と詳細

評価

3.5

評価基準はこちら

詳細

ジャンルドラマ
上映日2021年03月19日
製作国アメリカ
上映時間116分
監督リー・アイザック・チョン
脚本リー・アイザック・チョン
出演者スティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、アラン・キム

映画【ミナリ】のあらすじ ※ネタバレなし

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブ(スティーヴン・ユァン)は、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。

荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカ(ハン・イェリ)は、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アン(ネイル・ケイト・チョー)と心臓に病を持つが好奇心旺盛な弟のデビッド(アラン・キム)は、新しい土地に希望を見つけていく。

まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。

だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる。

参照:https://filmarks.com/

映画【ミナリ】の感想・レビュー

映画「ミナリ」内のシーン

ブラッドピットのプランBとA24の「ムーンライト」以来のタッグで、アカデミー賞にもたくさんノミネートされるほどアメリカで評判だと聞き映画館で鑑賞してみた。

期待値が高すぎたのもあり、個人的にはあまり楽しめなかった。

ただ、移民の国アメリカでの評判が高いのは納得だ。

主人公の韓国のおばあちゃんにも馴染めず、アメリカでも馴染めずみたいな描写は移民経験者にはささりそう。

ミナリというタイトルは野菜の「セリ」のことなのだが、セリをおばあちゃんと植えるところから徐々に息子のルーツが根付いていくように描かれているのは良かった。

お父さんの農業についての描写が多いが、おそらく伝えたかったのは息子のルーツが根付くまでのストーリーなんだろうなと思った。

転校経験があったり、移住経験がある人は観てみてもいいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました