【最後の追跡】映画レビュー

最後の追跡のアイキャッチ アクション

映画【最後の追跡】の評価と詳細

評価

3.7

評価基準はこちら

詳細

ジャンルアクション、ドラマ
配信年2016年
製作国アメリカ
上映時間102分
監督デヴィッド・マッケンジー
脚本テイラー・シェリダン
出演者クリス・パイン、ベン・フォスター、ジェフ・ブリッジス

映画【最後の追跡】のあらすじ ※ネタバレなし

舞台は、テキサス州西部の田舎町。

テキサス・ミッドランズ銀行の2つの支店で強盗を犯したトビー(クリス・パイン)とタナー(ベン・フォスター)の兄弟。

亡くなった母の残した借金を返済するためだった。

銀行強盗の捜査に、定年間近のマーカス(ジェフ・ブリッジス)とアルベルト(ギル・バーミンガム)の2人のテキサス・レンジャーが選出された。

ある日、マーカスは二人の行動パターンを読み、次に襲う支店を当てた。

そして二組は直接対決を迎えるが…?

映画【最後の追跡】の感想・レビュー

映画「最後の追跡」内のシーン

NETFLIX独占配信作品。

西部劇が好きな人にはぜひ観てほしい!

貧困の連鎖から抜け出すために銀行強盗を繰り返す兄弟と引退間際のテキサスレンジャーの対決を描いた現代風の西部劇。

シンプルな話ながら、テキサスの町の今がよく描かれているし、追う方と追われる方どちらも背景や人物像を描いていて入り込めるのですごく良かった。

荒涼な風景が広がる土地は人気がなく活気が失われ、防犯設備が整っていない銀行、戦争帰還兵による「イラクに3回も行ったのに支給がない」等の悲痛な落書きや、「借金返済できます」等高利貸しの看板があちこち目につく。

それでも強く生きようとするテキサスの人々の様子がしっかりと描かれていた。

レストランで注文の際、「いらないものは何だ?この店でこれ以外頼むやつは見たことない!」と強気なおばあちゃんウエイトレスや、犯人を捕まえるためならと、市民と警察はおかまいなしに町中で銃を乱射しまくる自警団たちなど、テキサス魂がすごい市民たちのこの映画をより価値のあるものにしている気がした。

また、年老いたテキサス・レンジャー役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたジェフ・ブリッジスをはじめ、俳優陣の演技力も光っていた。

西部劇はちょっと抵抗あるという人も観やすい作品だと思うのでNETFLIXに加入している人はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました