【ジョジョ・ラビット】映画レビュー

ジョジョ・ラビットのアイキャッチ レビュー

映画【ジョジョ・ラビット】の評価と詳細

評価

4.0

評価基準はこちら

詳細

ジャンル戦争
上映日2020年01月17日
製作国アメリカ、ドイツ
上映時間109分
監督タイカ・ワイティティ
脚本タイカ・ワイティティ
出演者ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル

映画【ジョジョ・ラビット】のあらすじ ※ネタバレなし

舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。

心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちのアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで立派な兵士になろうと奮闘していた。

しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。

そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマサイン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気付いてしまって…?

参照:https://filmarks.com/

映画【ジョジョ・ラビット】の感想・レビュー

映画「ジョジョ・ラビット」内のシーン

アカデミー賞脚色賞を受賞していたり、「her/世界でひとつの彼女」のスカーレット・ヨハンソン、「グリーンマイル」のサム・ロックウェルが出演していたりと上映開始時から気になっていた本作品をついに鑑賞。

戦争ものの映画で一番良かった気がする。

ナチスの残虐さそのものにフォーカスするのではなく、ユーゲントの少年を通して、ユーモラスを交えつつも厳しい世界を描くことで、よりナチスの非道具合や戦争の恐ろしさが感じられるのだ。

タイカ・ワイティティ監督はユダヤの人なのだが、自ら主人公の空想上の友達ヒトラーをコミカルに演じているブラックユーモアさ、母親役のスカーレット・ヨハンソンの演技力や衣装のかわいさにも注目してほしい。

そして、力強いラストシーンは心して観てほしい。

平和ボケしている私達だが、この映画からどんな苦境でも楽しむことを忘れないでいることの大切さを学べた気がする。

「ジョジョ・ラビット」を無料で観るならU-NEXTがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました