【パラサイト 半地下の家族】映画レビュー

ドラマ

映画【パラサイト 半地下の家族】の評価と詳細

評価

3.6
評価基準はこちら

詳細

ジャンルドラマ
上映日2020年01月10日
製作国韓国
上映時間132分
監督ポン・ジュノ
脚本ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン
出演者ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン

映画【パラサイト 半地下の家族】のあらすじ ※ネタバレなし

全員失業中で、半地下住宅でその日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。

長男ギウは、IT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。

そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが…

この相反する2つの家族に待ち受ける運命とはいかに?

参照:https://filmarks.com/

映画【パラサイト 半地下の家族】の感想・レビュー

映画【パラサイト 半地下の家族】内のシーン
キム一家がピザボックス作成の内職をしている様子

韓国映画ではめずらしく『アカデミー賞作品賞』を獲得したことでも話題になった映画。

地上波で放送したことをきっかけに鑑賞してみた。

裕福なパク一家と貧乏なキム一家を通じて、韓国の格差社会を、物理的な高低差・におい・雨などの描写によってはっきりと視聴者に見せつけてくる感じがとても苦しかった。

キム一家の奇抜で洗練されたアイデアで、裕福な暮らしを手に入れたように見えたが、ラストスパートにかけての怒涛の展開はなんともやるせない、後味の悪い気持ちになった…

そう思うのも私が恵まれている証拠なのだろうか。

すさまじい格差も恋愛の力でのみ乗り越えられるのではないか…?と視聴者に思わせてくれるのが、この映画の唯一の救いなのかもしれない。

全体的に丁寧な描写、カメラワーク、卓越した演技力のキャスト陣により満足度の高い映画だったが、事前の高評価バイアスもあり、★3.6といったとこだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました