【ショーシャンクの空に】映画レビュー

ショーシャンクの空にのアイキャッチ ドラマ

映画【ショーシャンクの空に】の評価と詳細

評価

4.1

評価基準はこちら

詳細

ジャンルドラマ
上映日1995年06月03日
製作国アメリカ
上映時間143分
監督フランク・ダラボン
脚本フランク・ダラボン
出演者ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー

映画【ショーシャンクの空に】のあらすじ ※ネタバレなし

原作は映画「スタンド・バイ・ミー」の原作者としても有名なスティーブン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」だ。

1947年に冤罪で投獄されてしまったエリート銀行員アンディ(ティム・ロビンス)が妻と愛人を射殺した事件の裁判からはじまり、獄中生活の数十年間を描いている。

アンディは有罪となり、ショーシャンク刑務所に収容される。

レッド(モーガン・フリーマン)という獄中友達ができるが、囚人同士の争いに巻き込まれ死にそうになったり、所長たちに元銀行員のスキルを悪用されたりして…?!

参照:https://filmarks.com/

映画【ショーシャンクの空に】の感想・レビュー

【ショーシャンクの空に】内のシーン

不朽の名作と言われているが、観たことがなかったのでこの機会にUNEXTで鑑賞。

エンディングに「アレン・グリーンを偲んで」という字幕がでるので、実話に基づいてるのかと思ったらどうやら違うらしい。

この映画が作られてから25年経っているとは思えない完成度だった。

当時は普通なのかもしれないが、刑務所の衛生状態の悪さ、所長をはじめスタッフの横柄さ・不条理さなど、心が痛くなるシーンも多々あるが、テンポが良く前半の伏線を後半でしっかりと回収してくれるので最後は爽快感すら感じる。

モーガン・フリーマンの演技力はさすがとしか言いようがない。

疑問なんだけど、彼ってずっと老けないよね笑

刑務所ものならグリーンマイルもおすすめなので観てみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました