【ミッドナイト・イン・パリ】映画レビュー

ミッドナイト・イン・パリのアイキャッチ ドラマ

映画【ミッドナイト・イン・パリ】の評価と詳細

評価

3.7

評価基準はこちら

詳細

ジャンルドラマ、恋愛
上映日2012年05月26日
製作国スペイン、アメリカ
上映時間94分
監督ウディ・アレン
脚本ウディ・アレン
出演者オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、ニーナ・アリアンダ

映画【ミッドナイト・イン・パリ】のあらすじ ※ネタバレなし

ハリウッドで売れっ子脚本家のギル・ペンダー(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共にパリに滞在していた。

ギルは結婚したらパリに住み、脚本ではなく小説が書きたいとイネズに話す。

しかし、イネズはアメリカ以外の場所に住みたくないと断る。

パリ滞在中のある晩、ギルは迷子になってしまう。

するとギルの前に12時を告げる鐘が鳴り、1台の車が止まった。

その車に乗り込んだギルは、1920年代の芸術家達(ヘミングウェイやピカソなど)が集うパリにタイムスリップしてしまって…?

参照:https://filmarks.com/

映画【ミッドナイト・イン・パリ】の感想・レビュー

ミッドナイト・イン・パリ内のシーン

アカデミー賞とゴールデングラブ賞で脚本賞をW受賞したウディ・アレン監督・脚本作品。

ウディ・アレン監督の特徴である”皮肉”や”セリフの多さ”がおさえられているタイムトラベル映画になっている。

私は最近のこの作風のほうが好きだな〜。

ウディ・アレンの最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』のレビューはこちら。

1920年代の文学作品を知っているとより楽しめたな〜と思ったので、勉強してからまた観直したい。

まだ観てないあなたは、『グレート・ギャッビー』のフィツッジェラルド、『老人と海』のヘミングウェイ、『荒地』のT・S・エリオットについて調べてから鑑賞することをおすすめする。

とはいえ、ダリ、ゴッホ、ゴーギャンなど有名画家がいいかんじのキャラクターで登場してしかも全員似ているのでかなり楽しめた。

また、どの時代のパリの街並みも素敵で観ているだけでうっとりする。

コロナで旅行に行けないこんな時は、行きたい街が舞台の作品を観るのがいいね。

実世界での婚約者とのストーリーがやや空虚なのが少し気になった。

しかし、タイムスリップ時の有名作家や画家などの絡みやパリの街並みはすごく良かったのでこの評価になった。

ミッドナイト・イン・パリを無料で観るならU-NEXTがおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました