【インセプション】映画レビュー

インセプションのアイキャッチ SF

映画【インセプション】の評価と詳細

評価

4.4

評価基準はこちら

詳細

ジャンルアクション、アドベンチャー・冒険、SF
上映日2010年07月23日
製作国アメリカ
上映時間148分
監督クリストファー・ノーラン
脚本クリストファー・ノーラン
出演者レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット

映画【インセプション】のあらすじ ※ネタバレなし

鬼才クリストファー・ノーランが世界各地、さらに夢の中へと観る者を誘うSFアクション大作。

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は夢を見ている間に潜在意識から秘密を盗み出すスペシャリスト。

その特異な才能は産業スパイが暗躍する世界で重宝される一方、最愛のものを奪われ、国際指名手配されてしまう。

そんな彼が失った人生を取り戻すためには、「インセプション」と呼ばれるアイデアを盗むのとは逆に相手の心に“植え付ける”、不可能とされる任務を成功させる必要があって…?!

参照:https://filmarks.com/

映画【インセプション】の感想・レビュー

映画『インセプション』内のシーン
トーテム(今の世界が夢か現実かを区別するために各自が持つアイテム)が回っている様子

もう何度目かの鑑賞。

大好きなノーラン監督と圧倒的なレオ様のコンビなんだから良いに決まっている。

1日1本観る私のナンバー1映画だ。

今回の作品も、この設定どうやって思いついたんだろう?という相変わらずの鬼才ぶりを発揮しているのだ。

視聴者に委ねるラストシーンがまた良い。

監督も明確な答えは言っていないので、みんなの判断に任せることにする。

とにかく観ないと伝わらないのでぜひ観てみてほしい。

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET』のレビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました