【TENET テネット】映画レビュー

TENETのアイキャッチ アクション

映画【TENET テネット】の評価と詳細

評価

4.0

評価基準はこちら

詳細

ジャンルアクション、スリラー
上映日2020年09月18日
製作国アメリカ、イギリス
上映時間150分
監督クリストファー・ノーラン
脚本クリストファー・ノーラン
出演者ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ

映画【TENET テネット】のあらすじ ※ネタバレなし

ミッションのキーワードは”TENET(テネット)”。

「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」

主人公に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む”時間のルール”から脱出すること。

時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるのだ。

突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)とその相棒(ロバート・パティンソン)は、任務を遂行する事が出来るのか…?!

参照:https://filmarks.com/

映画【TENET テネット】の感想・レビュー

映画『TENET』内のシーン

クリストファー・ノーランの世界観が大好きな私はドキドキで鑑賞してみた。

1回目でどれくらいわかるかな…なんて心配をしながら。

彼の作品は解説が多く存在するし、そのうえ正解はないのであくまで個人的なレビューにとどめておく。

期待を超える作品だった!

ストーリーは彼の作品の中では難解ではないかな〜と思った。

とはいえ、さすがノーラン先生。ただのタイムトラベラーものではない。

順行と逆行が同時に起こるのだ。

数々の仕掛け。(赤と青、オペラハウス、飛行場などに注目して観てほしい)

感情を掻き立てるような音楽。

アクション。特に逆行のカーチェイスシーン。

衝撃のラスト。

全てが最高。

きっと1%も伝えられてないので、ぜひ観てみてほしい。

クリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』の映画レビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました