【インターンシップ】映画レビュー

インターンシップのアイキャッチ コメディ

映画【インターンシップ】の評価と詳細

評価

3.9

評価基準はこちら

詳細

ジャンルコメディ
制作年2013年
製作国アメリカ
上映時間119分
監督ショーン・レヴィ
脚本ヴィンス・ヴォーン、ジャレッド・スターン
出演者ヴィンス・ヴォーン、オーウェン・ウィルソン、ローズ・バーン

映画【インターンシップ】のあらすじ ※ネタバレなし

失業したおじさんセールスマンのビリー(ヴィンス・ヴォーン)とニック(オーウェン・ウィルソン)は、グーグル社のインターンシップに応募する。

すると、リモート面接でまさかの通過。

親子ほど離れた学生たちと、グーグル入社をかけたチーム戦に挑むコメディ映画。

映画【インターンシップ】の感想・レビュー

映画『インターンシップ』内のシーン

グーグル全面協力映画とあって、死ぬまでにグーグルで働いてみたい願望がある私はワクワクしながら観てみた。

おじさん2人の挫折と栄光というありきたりなストーリーだが、中高年でなくても、勇気をもらえ、頑張ろうと前向きになれる映画だ。

実話モチーフなのかな〜と思ったが、どうやら違うらしい。

インターン映画だとアン・ハサウェイの”マイ・インターン”が有名だが、だいぶテイストが違ってよりコメディ寄りだ。

映画では実際にグーグル本社で撮影されてるのも見どころの一つだろう。

誰でも、入社したいな〜と思ってしまうはずだ笑

最後ハイタッチして声をかけてくれる人はなんと、Googleの共同創業者、セルゲイ・ブリンさんらしいのでそちらもお見逃しなく!!

おじさん2人の息のあった掛け合いのおかげで構えずに観れて、でも前向きになれる最高の映画だった。

アン・ハサウェイが演じる”マイ・インターン”のレビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました