【レオン 完全版】映画レビュー

レオン完全版のアイキャッチ アクション

映画【レオン 完全版】の評価と詳細

評価

4.1

評価基準はこちら

詳細

ジャンルアクション、ドラマ、クライム
製作年1994年
製作国フランス、アメリカ
上映時間133分
監督リュック・ベッソン
脚本リュック・ベッソン
出演者ジャン・レノ、ゲイリー・オールドマン、ナタリー・ポートマン

映画【レオン 完全版】のあらすじ ※ネタバレなし

『レオン オリジナル版』には未使用の、レオンとマチルダが心を通わす過程がより緻密に描かれた、22分のシーンを加えた完全版。

舞台はニューヨーク。

家族を惨殺された12歳の少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)は、隣の部屋に住む殺し屋レオン(ジャン・レノ)に助けを求める。

戸惑いながらもマチルダに救いの手を差し出すレオン。

そこから二人の奇妙な共同生活が始まった。

弟の仇を討ちたいというマチルダに殺しのテクニックを教えるレオンと、読み書きもできないレオンに文字を教えるマチルダ。

やがて二人の間には父娘とも恋人ともつかない愛情が芽生えていくが…。

参照:https://filmarks.com/

映画【レオン 完全版】の感想・レビュー

映画『レオン完全版』内のシーン

アカデミー賞女優、ナタリー・ポートマンのデビュー作と知り、期待して観てみた。

しかもジャン・レノ、ゲイリー・オールドマンなど大好きな俳優陣が名を連ねているからなおさらだ。

結果、期待以上の感銘を受けた。

スリリングなストーリー、緊迫感のあるアクションシーンも良いのだが、レオンとマチルダの心理描写が最高なのだ。

親の愛情を受けることが出来なかったマチルダと、元恋人との愛を育むことが出来なかったレオン。

二人が孤独を埋め合うように惹かれ合う描写が一番の見所だと思う。

私はこの映画以上に印象に残っているラストシーンを知らない。

観葉植物を買いに行こうかな…

コメント

タイトルとURLをコピーしました